タグ:嘘つき

2019年11月18日

社会

社会

押しピン

最近の僕を知る人に「取り憑かれている」そう言われた。

ぐぅの音も出ないぐらいその通りだと思う。ここ最近のオレに降りかかったアレやコレは常識的に考えて信じられない。

それらは単体としてはどれもこれもありふれた事象。しかしこれが連続的に短期間で起こる確率なんて宝くじとか万馬券よりもすごいレベル。まぁ…逆の意味でだけど。

もしオレが信心深い人間だったら、本当に取り憑かれていると信じて疑わないし、信心深くなくても悪霊の話をされたら十中八九真に受けるだろう。普通の人だったら。

だけどね…僕はそう思わない。

だって…僕の人生…大体どの一場面を切り取っても似たり寄ったり。僥倖があったためしなし。

降りかかる全ての事象を受け止め処理して生きてきた。もちろん処理なんて出来るわけもないからひたすらため込み生きてきた。誇れる物なんて何もないけど、今生きている。

本当に死なないのよ。死んでないのよ。

携帯が壊れました。

一切の機能が破滅したのになぜか送受信のデータだけは残っていました。

そこに綴られた「今すぐ来い」と書かれた一文。

続きを読む

2019年7月15日

社会

社会

押しピン

…最近よくわからない事が多すぎる。今に始まった事でもないんだけどね…。

例えばの話をしよう。

3人での行動中。1人は右に行きたい。1人は左に行きたい。と宣言する。

こういう事態になった時に僕は基本的に自分の考えを押し通す。だけど、どっちに転んでも正直な所どっちでも良かったりする。

だけどね…殺意を抱く事もたびたびある。

例えばの話…片思いの女の子から「今すぐ会いたい」とフラグが立ったとしよう。

片道5時間。されど明日は休日。今から家を出れば明日には帰ってこれる。不本意しかないが、回収のために家を飛び出た。

大切な事は何か…。おそらくそれは『相手を思いやる心』。

思い通りに事が運ばない事に不満はない。だけど、相手の意向に乗った結果思い通りの展開が得られなかった時は、DEAD or DIE になる。

人は人を愛さなければ生きて行けない。しかし、人は人を愛するがために血の涙を流し続ける。

願いが叶う世界は理想でしかないが、それは終わりの見えないディストピア。

だから体をナイフで切り続けるのです。幸せのために。

続きを読む

2019年6月16日

日常

日常

押しピン

私事なのですが、チビでデブでハゲで臭いおっさんです。

最早あらゆる手段を尽くしても手遅れなため、基本的に身なりに関しては諦めているのだが、靴だけはちょっとどころかかなり拘りがある。

それはデザインも勿論なのだが、何より機能性である。

僕はとにかく歩く…しかも歩道は嫌いなので変な所を。挙句甲高偏平足の呪いまで持っているので、靴を一足買うために本当に時間をかけて何度も何度も試着をしつつ探し出している。

しかし、先日…不慮の事故から仕事用の靴が突然死。急いで新しい靴を手に入れなければならないが、悠長に探している時間は無い。

そんなわけで…業界から圧倒的な支持を経ている某メーカーの靴を買ってみる事にした。デザインは大嫌いだったけど、現品限りの大特価品を見つけたのもあって…。

その結果、世界がバラ色になった。

何じゃこのフィット感…。何じゃこの軽さ…。何じゃこのグリップ…。何じゃこのバランス…。オレが探していた全てが此処に合った。

……結論から申すと結局的にはお金です。

お金さえ出せば、求める物は手に入る。僕はいつも値段ありきで理想の靴を求めるために悩んでいた。その全てが倍の値段を出すとざらに手に入るようだ。後は耐久性なのだが、コレでいつもの倍の耐久性があれば…。

僕のイヤホンの旅路はIE8で終わりを告げた。そして靴探しの旅路もコレで終わりかもしれない。

続きを読む

2018年12月31日

日常

日常

押しピン

ええ…そんなわけで今年ももう残り数時間となりました。

いつもならコレから地域の集まりに顔を出してはっちゃけるのですが、今年はちびっと真面目に不真面目なお話をしなければいけないので、紅白でも見ながら両親と一杯やろうかと思っております。

いやはや…今年は本当に色々あった。

2月の2週目に起こった、仕事で大チョンボ、彼女に振られる、財布を紛失、親族の事故死、財布の紛失が盗難で警察に召喚、退職届提出、コレだけでも、一年分のいろいろがあったと言えるもん。

うん…20代後半に来て一番忙しい一年だったかもしれない。ドラム始めたのもそうだし、車が変ったのもそうだし、職種が変ったのもそうだし…。

はぁ…でも今の時点でもう来年が今年を超える地獄の日々になる事がほぼほぼ確定しているので、どうしたものかと思案する。

ほんと…殺されないよう頑張ります。

例年通りなら箇条書きで一年を振り返るのですが、今年も去年同様そんな全てを差し置いて恋バナでもしようかな。

続きを読む

押しピン

正直な話をしよう。

このブログは対外的に全世界に向けて公開しているため、誰が読んでくれても構わない内容になっているが、身内には読んでもらいたくない。

かつて問題が勃発したように、要らぬ心配を与えると言うか…全世界に向けて公開するが故に少々の脚色が加わっているからだ。

もちろんそれを文章にして記している以上それはオレ自身の思想であって間違いではない。だけど、それが全てではない。あくまで作品である。ウシジマくんと真鍋昌平先生は違うんだ。

それを理解した上で興味があるのなら読んでいただきたい。

いつもそんなスタンスでお送りしております。

続きを読む

押しピン

前の記事の内容も踏まえてなんだけど、時間がない。

正確には時間自体はある。だけど、何にもやる気が出ない。

それもそのはず、一日中罵倒され続けた後に気持ち切り替えて遊ぶなんてオレには到底できないから。

気持ちを切り替えて遊んでストレスを発散させるって言うのが、人生の正しい過ごし方なのかもしれない。でも、そんなに器用に気持ちの切り替えできるわけがない。そんな世渡り上手な術を持っていたら、オレの人生もっと明るかったって…。

最近の楽しみは昔何度も何度も全クリしたゲームのRTA動画を見ながら酒を飲む事だけです。

「ゲーム動画を見るくらいなら、ゲームをする。」そう言い続けた人間のなれの果てがコレです。

笑ってください。

続きを読む

押しピン

9月に履けていたジーパンが履けなくなった…。

いやね…ウエストは一応入るのよ。ただ、ふくらはぎが入らない。

おそらくは、祭りのせいで筋肉がついて入らなくなったんだけど、体重計乗ったら実際太っていた。

体重増加も筋肉のためと言えば、言えるんだけど、何か精神的にショックである。

そんなわけで、ちょっとダイエットしようと思う。

目指せ50kgだな…。

続きを読む

押しピン

ハァ…またやってしまった。

協調性がなくて自己主張の塊みたいな人間だから、どうしても揉め事を起こしてしまう。

それはまぁ…もう仕方がないんだけど、どうしても解せない事がある。

なんでいつもいつも僕が妥協をしなければいけないんだろう?

いやね、それが社会の縮図って事ぐらいは重々承知している。力無き者の意見は、どれだけ正論であったとしても淘汰されるのは仕方がない事なんだ。

でも…仕方が無いのかな?

なんと言うかね…子供の使う「皆」と似たニュアンスかも知れないけど、少なくともオレ一人の不満ではないのよ。イチャモンでなければ、クレーマーってわけでもないと思う。オレと同じような人生に失敗した人間が再生できるための道筋を示したいだけなんだ。

ちょっと話が変わるが、僕は個人的にそんな活動をしている。その活動は最近やっと実を結び、1人…2人…とシンパが出来た。大筋からズレながらも生きていこうとする人間が生きていける仕組みがあっても良いんじゃないのだろうか…そう考えている。

その手段として、どこかの活動家みたいに飛行機に乗り込もうとは思わない。むしろその逆に天皇陛下のように生きていきたいと思っている。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍び…。

反省…反省…。

難しいな。生きていくって。

続きを読む

押しピン

新作マンガのネーム…何か物凄く順調に描けてしまった。

自分で言うのもなんだけど…コレ面白いと思う。多分数年前のオレには絶対に書けなかった物語。なんと言うか…その…童貞が描くのにはあまりにも恥ずかしい話だが、それ故に描けてしまったお話だと思うのよ。いやほんとに。こんな歪んだ妄想力は魔法使い以外持てないよ。

10ページで終わらせるはずだったんだけど、気付けば色々と長くなり、合計19ページになってしまった。この長さだと6月中に描ききるのはほぼ不可能だろうし、ひょっとしたら盆くらいまでかかるかも知れない。だけども、せっかく面白い話ができたから、そこそこ真面目に描きたいと思ってしまっている。

例えば、原稿用紙にトレース台とトーンまで使って…。

イヤまぁ…それをし出すとホント色々と棒に振ってしまう気がするので、流石にしないが、やっぱりそれをしたいのよ。内心。

お金も時間もありません。

だけど、何だかんだでやっぱりマンガ描くの好きみたいです。

僕はマンガ家です。

続きを読む

押しピン

価値観の相違は逃れられぬ運命である。

それはお金の話であり、立場の話である。

1000万年収があれば、30万円貸す事はそう悩む事ではない。しかし、全財産1万円しかない中で5万を払う行為は命がけである。

例えば、教師にとって生徒はン十年と言う教師生活の中の一人に過ぎないが、生徒にとってたった一人の先生だったわけだ。

自分の価値観を押し付ける事も出来ないが、相手の価値観を共有する事も出来ない。

色んな人間がいる。だから面白い。それはわかっていても心のモヤモヤが晴れる事は生涯ないんだろうな。

続きを読む

押しピン

『ヤルヤル詐欺』って言葉があんまり好きじゃない。っと言うか、僕はそれを絶対にしないと断言できる。

だって…期限はないわけだから。

例え、10年後…100年後…来世に実現したのなら、それは決してヤルヤル詐欺ではないわけなのよ。

そんなわけで、僕はきっと同人誌を作ります。

いつかね…

続きを読む