押しピン

瞑想の果てに迷走する今日この頃。

気が付いたらひたすらにナイフの切れ味を追求していた。

話は変わるが、レバーって美味しいと思う。タンポン。

魚のエラ蓋を引き裂いた時に血が噴き出る光景がたまらない。

僕は彼と違ってサイコパスじゃない。今日だってネズミの巣を見つけ家主が悲鳴を上げる中、全ての鼠を野に放った。道を這っていた青虫をキャベツ畑に帰してあげた。最近の楽しみは子ツバメの成長を見守る事である。

だけどね…血が好きなんだ。

誰かを傷つけるわけにはいかない。仕方がないので自分の動脈を切ってみた。痛い…。でも血が好きなんだ。

うっかり心臓をさす事が無いように、頑張ってナイフ研いでます。

続きを読む

タグ: , , , , ,

2019年6月17日

社会

社会

押しピン

ソースは失念したのだが、SNSで一番嫌われる行為は匿名による匿名の悪口らしい。

…いやそれ…感じ悪いか?

僕は悪口を言わない人間を信用しない。不満を漏らさない人間との付き合いなんて恐怖しかない。それは我慢しているだけだからいつか必ず綻びる。

人生なんて30%だと思っております。残り70%は憎悪。それをどう対処して行くかが大切。

愛と殺意を同一線上に視認できた時に見える景色がある。

それが希望なのか絶望なのか、僕にはちっともわからない。

個人的にSNSで最もムカつく行為は、同意と共感と拡散です。

続きを読む

タグ: , , , , ,

2019年6月16日

日常

日常

押しピン

私事なのですが、チビでデブでハゲで臭いおっさんです。

最早あらゆる手段を尽くしても手遅れなため、基本的に身なりに関しては諦めているのだが、靴だけはちょっとどころかかなり拘りがある。

それはデザインも勿論なのだが、何より機能性である。

僕はとにかく歩く…しかも歩道は嫌いなので変な所を。挙句甲高偏平足の呪いまで持っているので、靴を一足買うために本当に時間をかけて何度も何度も試着をしつつ探し出している。

しかし、先日…不慮の事故から仕事用の靴が突然死。急いで新しい靴を手に入れなければならないが、悠長に探している時間は無い。

そんなわけで…業界から圧倒的な支持を経ている某メーカーの靴を買ってみる事にした。デザインは大嫌いだったけど、現品限りの大特価品を見つけたのもあって…。

その結果、世界がバラ色になった。

何じゃこのフィット感…。何じゃこの軽さ…。何じゃこのグリップ…。何じゃこのバランス…。オレが探していた全てが此処に合った。

……結論から申すと結局的にはお金です。

お金さえ出せば、求める物は手に入る。僕はいつも値段ありきで理想の靴を求めるために悩んでいた。その全てが倍の値段を出すとざらに手に入るようだ。後は耐久性なのだが、コレでいつもの倍の耐久性があれば…。

僕のイヤホンの旅路はIE8で終わりを告げた。そして靴探しの旅路もコレで終わりかもしれない。

続きを読む

タグ: , , ,

2019年6月7日

日常

日常

押しピン

ええ…お久しぶりです。

本当に色々ありました…。具体的には、南に行って、北に行って、南に行って、北に行ったり。はたまた農作業に勤しんだり、災害対策委員会に召集されたり、ライブに行ったり、引越し屋の真似事をたくさんしたり、電気屋さんごっこで打ちのめされたり、父親代理代行を任命されたり、過労でダウンしたり。

今回の絵は実は先週の中頃に完成し、その時は「スク水お漏らし」について熱く書く予定だったんだけど、それよりも書きたい内容が出てきたので、絵と内容が全くマッチしない事象が発生します。

まぁ…そんな事いつもだけど…。

そんなわけ気が狂うほどのインプットを吐き出したくてたまらない。書きたい事が山ほどある。コレからは沢山更新する予定なので良かったら一読いただければ幸いです。

続きを読む

タグ: , , , ,

押しピン

『謙儲』って言葉が驚くほど嫌い。

『節約』って言葉が驚くほど嫌い。

…金は間違いなく幸せを運んでくれると思っている。お金が無くても何とかなるが、お金があるに越した事はないと思っている。

それらを踏まえた上で…大切な事が何かよく考えて欲しい。

例えばの話をしよう。

大好きな風俗嬢がいました。彼女のためにと思って週に一回2万円で60分のコースに入りました。男が彼女のために使ったお金は月8万円。その内実際に彼女の手元に入るのはおそらく4万円ありません。残りの半額が何処に行くかと言うとお店に行く。運転手や清掃員、ショバ代等々…に行く。男が彼女のために使ったお金でホームレスの清掃員が毎日ビール一杯飲める。ヤクザの親分はベントレーに乗れる現実。

考えれば考えるほど世界は上手く出来ていると思う。

ただね…僕は多くの人を救える器ではない。小さな小さな世界を守って行くのが精一杯。

見ず知らずの人がどこかで喜ぶのではない。知っている人の喜びとなるのなら同じ損失であっても、心をは痛まない。

磯野貴理子は元夫の飲み屋の儲けのために毎日通って酒を飲み、体を壊したそうだ。

大切な事は後悔しないこと。だけどそれは簡単なようでとてつもない難しい事。

だから、考えた。理想の生き方を。

僕は後悔し続ける。今日もそして明日も。

救いを求めるからダメなんだ。正当化するからダメなんだ。受け入れよう。死を。

明日は仕事です。

こんな時間まで起きている事は一ミクロンのプラスになりません。後悔です。

続きを読む

タグ: ,

2019年5月17日

社会

社会

押しピン

名前を付けるのが好きである。

反面名前が大嫌いなので、基本的に人の名前を呼ばないし、自分の名前を人に教える事もよっぽどの事がないとない。

アレ、ソレ、コレ、お前、アンタ、ちょっと、役職名等。大体これらの言葉だけで生きてきた。そして多分コレからも変わらないだろう。

それらを踏まえた上で、昨今のDQNネームを見ていて何か悲しくなる。

何が悲しくなるって…名付けられた子供ではなく、その名前を付けた親を見ているとだ。

この感覚はおそらく多分、親にはわからない。そんな親達を第三者視点から見る機会が余りにも多かったためだろう。

うん…もう…多くは語らない。

若人よ…がんばれよ。

続きを読む

タグ:

押しピン

この世の中ってのは等しく階級社会だと思う。

ただその階級と言う物は世界が作り出すのではなく当人が作り出すものだと考える。

例えるのなら、『金』『名誉』なんて物は多くの人が指標としている階級だ。

でも中にはそんな物には一切興味がないって人もいるだろう。しかし、そんな人でも階級社会を作り出している。

それは『アニメの視聴本数』かもしれないし『アイドルグッズの所有数』かもしれないし『抱いた女の数』かもしれない。あるいは『俗世間と自分との距離』だったりするのかもしれない。

結局の所どこまで行っても、どれだけ立派な事を言っても、全ての人類は同じ穴の貉。されど絶対にわかり合う事は出来ない生き物である。

私は「半年ROMれ」と言われた5分後に口を開く人間である。間違っていても気が狂っていても誰にも理解されなくても文句を言わないと気が済まない人間である。

それは本当にもうどうしようもないダメ人間である。

口を閉ざしなさい。

それが世界に繋がる道である。

続きを読む

タグ: , ,

押しピン

…ええ…うん…まぁ…色々ありまして久しぶりに両親を召喚されました。

お酒を飲んでぶっ倒れるのはいつもの事なので特に気にしてはいないのですが、それを人前でやってはダメだと肝に銘じている。そのせいでコレまでに沢山の人達にご迷惑をかけて来たから。

故に今回もそのつもりだった…。いやね…本当は大丈夫だったはずなのよ。

だけども、全然まったくコレっぽっちも大丈夫ではなく、結局的には知人にも知人宅にも両親にも親戚にも職場の方々にも、あげく世話をしてあげなければいけない甥っ子にまでご迷惑をかけてしまった。

流石に参ったよ。

もうどの面下げてこの近所を歩けばいいのかわからない。本当の苦しみは謝罪をさせていただけない事だから。

それでもまだ…死ねない。死なない。それが本当に悔しくて仕方がない。

どうにか自分を罰したいと思いつつもそんな簡単な事が出来てれば20年前にもう僕はこの世にいなかったわけでして…いやはや…。

懺悔の時間を生きているつもりです。その懺悔の期間に罪を尚増やし続けています。

最早そう言った罰を受けているのかと考えると少しだけ報われます。

そんなわけでコレからはもう少しだけ清廉潔白に生きてみようと思います。許されないのなら仕方がない。それ以外のもう少しだけでも多くの人が笑っていられる世界を作る為に。

生きるってのは難儀で大変。

続きを読む

タグ: , , ,

2019年5月13日

日常

日常

押しピン

……誰もが脛に傷持つ社会。

発言には注意したいと最近ともに思う。オレ自身「それだけで?」って思う程度の一言で一瞬で沸点を通り越して南極大陸に行ってしまうから。

でもね、無神経もまた感謝しなければいけないと感じる。

引きこもりやニートが増えた最大の理由は優しさと言う狂気であるのも間違いない事実。

大切な事は後ろ指をさされない人生。もしくは指される事を笑える人生。

心穏やかに

続きを読む

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

押しピン

明けましておめでとうございます。

大晦日や誕生日の時にも思うんだけど、節目ってのは自分で見定める物だと自負している。

新しい年になったり、元号が変わったりしても私は変わらない。

10年前と変わらず、やっぱり下道オンリーで二日で600Km夜通しで走ってた。

それでも変わった事もある。

腰が痛いし、今日は今から子守です。

誰かや世間がどうなろうと私は多分きっと何も変わらない。ただ、だからと言って同じ場所でちんちんをシコシコし続けているわけでもどうやらない。

30年後、小指の爪ほど進んだ場所でちんちんをシコシコできたら…。それでも十分なんだ。

楽しい日々をありがとうございました。

続きを読む

タグ: , , , , , , ,