押しピン

まともに現状を直視してしまうと、頭に浮かぶのは死だけ。

そんなわけで毎日刹那的に生きている。

考えた瞬間に負けなんだ。考えてはいけない。

そしてふと思った。

「映画を観よう」と。

それは上演開始30分前の事だった。

 

はてさて

そんなわけで『天気の子』を観てきました。

新海誠と僕についてはこちらの記事を読んでほしい。

君が眠っていた間のストーリー

まぁ…憧れのパイ先と言うか、初恋の相手と言うか…一方ならぬお相手でございます。

そんな人の新作!!…観ないわけにはいかないけど、観たくないのも事実。どうしようかとモヤモヤしていたら、ペテン師から「この映画は絶対に見るべきだ」と猛プッシュを受けてしまった。

常識的に考えればペテン師の発言なんて耳を傾けるべきではない。だが、その猛プッシュの内容が上記のリンクに書いている内容を踏まえた上で、それを見事に昇華させたものだと言うので、否応なく僕の心をひどく揺さぶった。

ペテン師と僕の価値観は近すぎるゆえか、対極に位置しているため、全く持って信用していなかった。全く持って信用していなかった。信用していなかった。

悔しい…。だけど…観終わった今、この作品に関してはペテン師の言うことに一ミクロンの狂いもないと思う。

それぐらいに僕も猛プッシュしていきたい。

「この映画は絶対に見るべきだ」と。

ただね…それはやっぱり…お茶の間のあまねく老若男女じゃない。

その辺りをもっともっと深く書いていきたいけど、明日も早朝から仕事です。

今日はこの辺で…おやすみなさい。

映画って本当に良いものですね。

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

目安箱

言いたい事が言える世の中でありたい。

*


内容をご確認の上、よろしければ投書ください。

なお特高に見張られているので、都合の悪い内容は『なかったこと』にされる恐れがあります。

目安箱