押しピン

『謙儲』って言葉が驚くほど嫌い。

『節約』って言葉が驚くほど嫌い。

…金は間違いなく幸せを運んでくれると思っている。お金が無くても何とかなるが、お金があるに越した事はないと思っている。

それらを踏まえた上で…大切な事が何かよく考えて欲しい。

例えばの話をしよう。

大好きな風俗嬢がいました。彼女のためにと思って週に一回2万円で60分のコースに入りました。男が彼女のために使ったお金は月8万円。その内実際に彼女の手元に入るのはおそらく4万円ありません。残りの半額が何処に行くかと言うとお店に行く。運転手や清掃員、ショバ代等々…に行く。男が彼女のために使ったお金でホームレスの清掃員が毎日ビール一杯飲める。ヤクザの親分はベントレーに乗れる現実。

考えれば考えるほど世界は上手く出来ていると思う。

ただね…僕は多くの人を救える器ではない。小さな小さな世界を守って行くのが精一杯。

見ず知らずの人がどこかで喜ぶのではない。知っている人の喜びとなるのなら同じ損失であっても、心をは痛まない。

磯野貴理子は元夫の飲み屋の儲けのために毎日通って酒を飲み、体を壊したそうだ。

大切な事は後悔しないこと。だけどそれは簡単なようでとてつもない難しい事。

だから、考えた。理想の生き方を。

僕は後悔し続ける。今日もそして明日も。

救いを求めるからダメなんだ。正当化するからダメなんだ。受け入れよう。死を。

明日は仕事です。

こんな時間まで起きている事は一ミクロンのプラスになりません。後悔です。

 

はてさて

クソムカつく案件がチョロチョロと脳内を掻き乱しどうも眠れない。

そんなわけでスッキリする為にブログを書き始めたわけなのだが、そもそも何がどうしてわからないから眠れない訳で、そもそも何かを書きたいわけではない。故にこのモヤモヤを意味不明に吐き出す事で取りあえずの満足にしたいと思う。

案件の1つは僕を置いて行かないでと言う事。

なんと言うかね…僕は自他共に認める気違いである。世間様とはちょこっと違った世界線を生きている変態である。そのお陰様で毎日毎日尋常でないストレスに苛まれ、お酒に逃げたり、自殺逃げたり、女に逃げたり色々し、その全てで失敗して来た。

なのにだ…なぜオレよりも普通の人間達が壊れていく中で、僕だけずっとポツンと生きているのだろう?

隣の芝が青い事を百も承知で言わせてもらうが、僕の人生とアナタ達の人生交換出来たらどれだけ幸せかと思う。逆に「その人生とは交換したくないな…」と御免こうむる人間は曲りなりにも二本の足でしっかり立って生きている。いやはや…絶対におかしいだろ?

アナタ達が勝手に壊れてしまうせいで、壊れている僕がしっかりしなければいけないなんて矛盾しすぎている。健常者が寝込んで、病人働かせたらダメだろう。だから世界が更に変な方向に舵取られているんだ。

オレが言うと本当に気持ち悪いし、一昔前の僕からは絶対に出てこなかった言葉だと思うが頼むから世界を見てほしい。愛されない世界を笑って生きてほしい。

耐え忍んだ先にあるのはさらに辛い地獄。その先は更なる地獄…また地獄…永遠の地獄。ただね…それは誰もが知っている事。誰もがその地獄を生きている。きっと…多分…。だから本来はわかり合える。理想論では。

僕は頑張りたくない。

僕を労わってほしい。

僕に期待しないでほしい。

出来る人がやればいい。できない僕は居なくなればいい。

明日を考えるから生きて行けない。

10年先の悲しみを考えて。

明日起こる絶望なんて笑い話だから。

タグ: ,

目安箱

言いたい事が言える世の中でありたい。

*


内容をご確認の上、よろしければ投書ください。

なお特高に見張られているので、都合の悪い内容は『なかったこと』にされる恐れがあります。

目安箱