押しピン

正直な話をしよう。

このブログは対外的に全世界に向けて公開しているため、誰が読んでくれても構わない内容になっているが、身内には読んでもらいたくない。

かつて問題が勃発したように、要らぬ心配を与えると言うか…全世界に向けて公開するが故に少々の脚色が加わっているからだ。

もちろんそれを文章にして記している以上それはオレ自身の思想であって間違いではない。だけど、それが全てではない。あくまで作品である。ウシジマくんと真鍋昌平先生は違うんだ。

それを理解した上で興味があるのなら読んでいただきたい。

いつもそんなスタンスでお送りしております。

 

はてさて

笑えない問題が山のように増えている。

偉そうに説教してしまったが、よくよく考えるとそれは全て私の不徳が原因。それを他人に押し付けてしまっているようで非常に申し訳ない。こんなにも美しいブーメラン初めて見たよ。

もう少しオレが立派な人間だったら…と考えだすと夜も眠れません。

はぁ…どうしよ…本当に…。

考えたところで何も始まらない。山積みの問題と山積みの請求書を眺めると気持ち悪くて吐き気に襲われる。

刹那的な快楽に溺れるのはとても楽で気持ちがいい。しかしその反動は確実にやってくる。

訪れない未来に自棄を起こしていたんだと思う。

30年間何もなかったんだ…これからも何もないはずだったんだ…。

ねぇ…ほんと…どうしよう…。

わかった事がある。人に嫌われるって事はとても楽だ。そして心地よい。おそらくオレはそれを長年の経験上本能的にわかっていたんだと思う。だから、あえて人に嫌われようと、嫌われようと必死になってきた。

これまで全否定していた媚び媚びの方達に全力で土下座したい。あなた様方の生き方はとてつもない苦労の果てに存在していたんですね。本当にごめんなさい。

重い重過ぎる荷が肩に乗っている。

コレを放りなげれたらどんなに気持ちいい物かと思うが、乗ってくれている限りはその重みに感謝したい。

『風立ちぬ』の本庄が言っていた「仕事をするために嫁を貰う。コレもまた矛盾だ。」と。

胃が痛いを通り越して、胃に穴が開いた感じがする。

来年…生きているのか?

とりあえず…もう死にたいと口にするのは止めよう。

これからは「殺されないように」を口癖に。

タグ: , , ,

目安箱

言いたい事が言える世の中でありたい。

*


内容をご確認の上、よろしければ投書ください。

なお特高に見張られているので、都合の悪い内容は『なかったこと』にされる恐れがあります。

目安箱