押しピン

連休で終わらせるつもりだった、マンガですが全然終わっておりません。

現在主線入れが残り2ページで、数ページのみペン入れが完了している状態です。

このままのテンポでは、来週中には完成するかな…と言った感じ。

完成した暁には面白いと思うので、可能な限り読んでいただければと思います。

 

はてさて

予想通り進まなかった原因は、体調不良とちょこっと所要で旅に出て、旅先で死にかけたからもあるのだが、映画を観すぎているからが大きな原因である。

いや…面白いのが多いのよ。映画に集中して作業が進まない進まない…。

そんなわけで明日からは面白くなさそうな作品を観る事にして、取りあえず今まで見た作品をまとめておこうと思う。因みに面白かった作品順に。

・バックトゥザフューチャー シリーズ

もうね…色々含めると最高の映画。だけど、それだけ。

・冷たい熱帯魚

最近見た作品の中では、映画としてのバランスが最も取れていて素晴らしい。詳しい感想はこっちで個別に書いています。

・血と骨

たけしの演技とかはわからないけど、物語としてはしびれるほどに面白い…と思ったらコレも実写なのね。この後に書く『凶悪』も含めてリアルには勝てないな。

・凶悪

卓球の横にいるドラえもんがこんな演技をするのか…と衝撃を受けた。この作品も現実。現実ってのはたまらないな。

・リボルバー

ジェイソン・ステイサムとリュック・ベッソンと言う『トランスポーター』の二人が関わった作品。おそらくなんだけど…この物語は意味がない事に意味がある作品。その意味を考えてしまう演出が憎い。

・残穢

中盤までの面白さは尋常じゃない。だけど、オチがクソゴミ。いや…そうなんだけどね…。

・ヒミズ

観終わった後に「こんな作品だったっけ…」と即座に原作を読みなおした。うん…原作は若干間延びだし、映画は設定変更とオチがクソゴミだし、両方の良い所を取れば奇跡の作品になるんだろうな。

・リング シリーズ

『リング』『らせん』『リング2』『バースディ』全て観た事なかったのでまとめて観てみた。ネタバレになるので、詳しくは書かないけどリングって全てを通すとこう言うお話なのね…。貞子のみ先走ってイメージを伝えてしまっているが、コレってひどい風評被害だろ…。コレは原作買わないとな…。

・仄暗い水の底から

『リング』のスタッフが作った作品。良くも悪くも単なるホラー。

・八日目の蝉

悔しいけど面白い。王道だよな。

・64 前後編

出落ち。タイトルと設定だけは面白いと感心したが、内容はなんだかな…。『半落ち』の方が絶対に圧倒的に面白い。でも、原作レイプ甚だしいらしいのでそっちを読めばいいのかな?

・苦役列車

前田敦子にした事と同じ事をした経験があります。

・白ゆき姫殺人事件

テンポの良さのみ評価できる。内容はクソゴミ中のクソゴミ。

・から紅の恋歌

一応コナンの映画全部見ているんだけど、『世紀末の魔術師』の次に面白いと思う。ちなみに『時計仕掛けの摩天楼』『14番目の標的』『世紀末の魔術師』以外は今世紀稀に見るクソ映画だと思っている。

・ワイルドスピード アイスブレイク

最初の頃は面白かったんだけどね…。

・ダンサー・イン・ザ・ダーク

ダンスインザダークの元ネタだよね?そう思って観たんだけど最後まで観れなかった。オレは死ぬほどミュージカルが嫌い。なぜ歌う?人を馬鹿にしているのか?

・愛のむきだし

園紫苑の最高傑作らしいが、何ひとつ面白くない。

・バトルロワイヤル2

深作欣治さん…。

・蛇にピアス

スプリットタンとかピアッシングをする女が大好きなんだけど、5分で挫折。

以上。

映画っていいもんですね。

タグ:

目安箱

言いたい事が言える世の中でありたい。

*


内容をご確認の上、よろしければ投書ください。

なお特高に見張られているので、都合の悪い内容は『なかったこと』にされる恐れがあります。

目安箱