押しピン

人間には誰だって立ち位置がある。

かき乱す人、同調する人、従う人、我関せずな人。

色々あってしかるべきだと思うし、その全てが揃って初めて笑えると思う。もちろんその時々でムカつく事や、殺意を抱くこともしばしば。だけど、ところ変わればそんな人間が信じられないほど頼りになったりもする。

だから、みんな素晴らしいのよ。

ただね…その与えられた役割って言うのは、必ずしも自分の理想とは一致しない。オレはさ…もっと自己中心的に世界を振り回し、世界がオレに追従するような人間になりたかった。実際オレが語る物語の僕はそんな人間である。

だけど、実際の僕は奴隷でしかない。誰もしないから仕方なく人の嫌がる仕事を引き受けていたら、いつの間にか”そんな人間”であると思われて、どんどんどんどん面倒くさい仕事ばかり回ってくる。そしてそれが当たり前となった状態で「嫌だ」と拒否すると、なぜかオレの方が悪者にされる。

なんでやねん…。

全てを讃えようと思う。故に、もう僕個人の思想や考えなんて、ちっぽけで矮小な物は来世で叶ってくれたらいい。それで良いからさ…せめてオレが此処に生きて、此処で何をしていたかを覚えていてほしい。そして、オレが生きている限りはその役目を全うするから、死んだ後に誰かがそれを継いでほしい。オレ自体、お世話になった人からそれを引き継いだ人間だから。

それは悪しき因習かもしれない。消え去るべき文化だ。しかし、それによって見えた世界は少なからずある。そのために今年もまた…命すり減らしてみますので。9月が来ると胃が痛い。どうせ終わった人生です。次世代がそれを拒否する事を止めようとも、もう思わない。

森を見ないでください。木を見てください。できればその木に付いている数枚の枯葉を探してください。

世界はそうやって成り立っているのです。

 

はてさて

最近『YouTuber』にはまっている。オレも「『YouTuber』が憧れの職業!!」と思うぐらい。

いやね…オレYouTuberって、冴え上がりのくそゴミみたいな人間ばかりだと思い、生活保護を不正受給しながら、障碍者手帳を貰って生活している人ぐらい軽蔑していた。

そしてそれは間違っていない。ほとんどのYouTuberはそれに当てはまる。だけどさ…時々めちゃくちゃ面白い人がいる。中でもオレが徹夜で見ていたのが『解体』の動画である。

工業製品や家屋何かから、哺乳類、爬虫類、昆虫、そして人間までを解体していく動画である。

しかも、それを茶化すのではなく、教科書を読むが如く一切の笑いが無いまま淡々と説明していくだけの動画である。もちろん編集はされているけど、基本ノーカットだし、モザイクもない。血が噴き出るし、失敗までもが映し出されている。

もちろんYouTuberが作っているから、『ナショナルジオグラフィック』や『NHKスペシャル』みたいな壮大で金のかかった物は作れない。せいぜいハンドカメラで撮った物をムービーメーカーで編集した程度のもの。だけど、身近で起こる、身近で絶対に見ることのできない動画は、ある意味でナショジオを超える面白さがある。

後エロいのも面白い。これはYouTuberの作品ではないんだけど、同じように素人が広告収入目的で作った動画。ただ、FC2LIVE的な俗物的エロさではなく、怖いエロさがある。AVってなんて美しいんだろうと感心できるぐらい人間の醜さが映し出された作品。たまらない。

圧倒的に数は少ないものの、どんなTV番組よりも興味をそそられる動画は間違いなく存在している。

そう言った動画を判断する良い方法がある。それは評価が好評化の数と低評価数がせめぎ合い、6:4ぐらいで好評化が勝っているが、コメント欄が炎上しているような動画だ。

今のTVがそうであるように波風を立てない動画なんて何も面白くない。波や風が起こるから面白いんだ。でも、それだけではダメ。アホなYouTuberみたいに波風だけを起こしてはいけない。意味のある波風が必要。だから僅かに好評化が勝っている炎上しているような動画が良いんだ。

前置きじゃないんだけど、大多数の人間は表面しか見ないバカである。だけど、素晴らしい物がなんなのかを見抜いてくれる人間も実は結構いる。そう言った人の正当な評価を信じてみてほしい。

いや…ホント面白いものあるから。

タグ: , , , , , , , , , ,

目安箱

言いたい事が言える世の中でありたい。

*


内容をご確認の上、よろしければ投書ください。

なお特高に見張られているので、都合の悪い内容は『なかったこと』にされる恐れがあります。

目安箱