2017年12月31日

日常

日常

押しピン

今年一年…色んな事があった。

その全てを余すことなく今日は書こうと思っていた。

所が…そんな今年一年の色んな事を全て忘却の彼方に送り去ってしまう出来事が昨晩起こってしまった。

いや~人生って本当に面白いですね。笑うぐらい何も思い通りにならない。

んなわけで、今年最後の記事は恋バナです。

結局さどんなバンドの音楽よりも、どれだけの作品を作り上げたとか、そんな事より恋愛なんです。人間だもん。

 

はてさて

この色恋はもう一年半前に遡る。彼女と出会ったのはバイトの最中だった。

彼女の第一印象は最悪だった。だってヤンキーだもん。

なんだけどさ、話すようになると不思議と何でも話せる相手だと気付く。なんと言うか懐が広いからなのか、オタク特有の気持ち悪い話題にも乗ってくれるし、オレのネガティブ話題を笑ってくれる。そして、切り替えしが理想的だった。

なんと言うかな…コレはもう感覚以外では説明のしようがないんだけど、オレが考える脚本通りの会話が続くのよ。しかも途切れなく。

癖の強い人間と触れ合う事が多いちょっと特殊なバイト環境の中で彼女の存在は癒しだった。彼女と話すためだけに出勤時間を早くしてもらったりもしていたのは内緒だよ。

ちなみになるんだけど、5年ぶり8度目の相手と今回オレがあげている人間は同一人物。

バイトを辞める時に覚悟を決めようと思っていた。だけど、当時の僕は色々と問題が山積みで結局何もしないままその場を離れた。まぁ…その辺の苦悩は、リンク先の記事に書いてあるので割愛。

そして色々と問題が解決し、やっとこさ嫁を探す余裕が生まれてきた。

とりあえずさ、出会い系的な物を活用したり、最近できた新しい付き合いを利用したりして、年代の近い独身女何人かと接点を持ってはみた。

だけどさ、当たり前の話オレに見向きをしてくれる人は一人もいないし、何よりも見向きをしてほしいと思える人がいない。いやね、そりゃお金をチラつかせたり、相手の話にこっちが合わせたりしたら会話位はできる。でも、そんなの楽しくない。

キムチ国家の男の話題や、美味しいカフェの話題を聞かされなければいけないんだよ…。つまらん。

もう死んでも構わない。だけど、どうせ死ぬのなら誰かのために死んでいきたい。そしてその誰かを選ぶ権利位はあっても良いんじゃないかと思う。全人類のために死んであげるほど偽善者ではないので。

んなわけで、年末休暇を利用して久しぶりに彼女に会ってきた。

そして…今…こんな感じにブログを書いている。

うん…?…うん?!?もうさ、言葉にできない。衝撃があった。それが「実はお腹に子供がいる」とか「消え失せろゴミクズ」なら、笑っていられた。でもさ、そんな綺麗な結果ではない。なんと言うかな…「欲しい」とせがまれたからオーダーメイドでプレゼントした品が、メルカリに未使用品で出品されている感じ。

この結果自体は想定の範囲内。だけどさ、まさか…彼女が…?ってショックが強すぎて立ち直れません。そんな事をする人じゃないと思っていたんだけどな…。

心の何処かで「ひょっとして手違いなんじゃないか…。」と思いつつも、あの性格には必ず闇が隠れているからその部分が姿を見せただけなのかもしれない。

まぁ…何だ…そんな感じで、100年の恋も冷めてしまい、1人楽しくブログを書いている。

今思う事はただ一つ。未練たらたらで昨日彼女に会いにいかなければ、オレは楽しい年末を過ごすことができた。未練なんて断ち切るべきでした。

昨晩、4L焼酎をストレートで半分開けました。泣きつかれて目は腫れているし、酒焼けで声が出ないし、二日酔いで頭が痛いし、腹壊しているし、最悪の体調で大つごもりを過ごすことになっている。

終わりよければ全てよし。

笑ってください。良い一年でした。

来年はもう迎えたくないです。

タグ: , , , , , , , ,

ご意見

目安箱

言いたい事が言える世の中でありたい。

*


内容をご確認の上、よろしければ投書ください。

なお特高に見張られているので、都合の悪い内容は『なかったこと』にされる恐れがあります。

目安箱