押しピン

異常を感じたのは、今週の頭から。

・月曜日

なんか体がおかしいが、まぁ…体調不良はいつものことなんで気にせず過ごす。

・火曜日

大丈夫ではないが、大丈夫の範疇なので無理して出勤。恩師の葬儀何かもあって、そちらにも参加。んで、夜に帰宅してみると、なんだか尋常じゃない悪寒がする。普段体温を計らない僕でもこれは間違いなく熱があると気づく。図ってみると案の定39℃代後半。インフルだと確信して、朝を迎える。

・水曜日

朝一で病院に行ったのだが、インフルはまさかの陰性。色々あってインフルでの出停以外だと非常に不味いので、昼から風邪薬を飲んで出動。帰宅後絶望的に悪化。

・木曜日

熱は以前39℃台。出停扱いじゃなくても、無理だと判断して全ての予定をキャンセル。夕方になっても、症状はよくなるどころか悪化の一途。仕方がないので再度病院に…。結果、無事インフルになり、出停を獲得。

・金曜日

ルンルン気分の公休。タミフルパワーで熱は一気に37℃台まで下がる。39℃台を彷徨っていたからか、37℃台なんてチャラヘッチャラ。オナニーしたり、カップラーメン食べたり、どう考えても病人とは思えない一日を過ごす。

・土曜日

完全復活(まだ37℃台はある)。朝から寝込んでいた間に貯まったアレコレを片付け、昼からはゲーセン行ってDDRをする。帰ってきてから、今日の絵を描いたり、赤子と遊びまわったりした後に、酒飲みながらブログを書いている。

ちなみになんだが…医者からは解熱後二日は絶対安静と言われているが…まぁ…大丈夫でしょう。もしうつしちゃってたらゴメンなさい。ただオレもうつされた性質なんで、お互い様と言う事で。

今回の経験からも証明された事がある。この世で一番怖い病気は『風邪』だと言うこと。インフルよりも遥かに厄介だよ。

 

はてさて

わかった事がもうひとつ。

僕はベッドの上で寝て過ごすって事が、出来ないタイプの人間みたい。正直な話一日10時間寝るのと、8時間仕事をするのだったら、8時間仕事をする方が遥かに楽。やっぱりね…何もしないってのは最大の苦痛でしかない。

そんなわけでこの一週間は、映画を沢山観て、マンガを沢山読んで、wikipediaをアホほど読んで、知識を散々溜め込ませていただきました。全く持って意味がはないが、普段よりも色々と無駄に無駄な知識を蓄えてしまった。

知った事をとにかく誰かに伝えたいのが、私の性分なので、何回かに別けてここに書いていこうと思う。とにかく今回はその第一弾で。

僕の人生のバイブルと言える漫画のひとつに『げんしけん』がある。

もうね…気が狂うほどに読んだ大好きな作品だったんだけど、連載が進むに連れてビックリするほどゴミになり、比例して絵もゴミクソになり、14巻を最後に読むのを止めていた(青春を壊してほしくなくて)んだが、去年21巻を持って完結していたらしい。

普段は絶対にネタバレを読まない人間なんだけど、もうね…どうでも良すぎて一瞬の悩みすらなくネタバレを読み、そしてその選択が間違いでなかった事を知ってしまい、嬉しい様な、悲しい様な複雑な気持ちになってしまった。

以降はネタバレを含むので、『げんしけん』を知らない人は見ないほうが良いかも。まぁ…げんしけんは空気を読むタイプのマンガだからネタバレは問題ないと思うけど…一応…。

 

そもそもな話、この物語は斑目が卒業する6巻を持って完結である。そこからスピンオフが9巻まで。14巻が劇場版である。少なくとも僕はそう思っている。

なぜならこの物語の本質は『普通の人』を描いた物語だからだ。

げんしけんをオタクを描いた物語と思って読んではいけない。”オタク(斑目)”と”リア充(春日部)”の間を生きる”普通(笹原)”の物語だからだ。しかし、その根底にある部分が作品が進むに連れて破綻して行き、どんどんつまらなくなっていく。

でもさ…少しだけその破綻の正体が分かる気がする。そしてその破綻の正体こそが『オタク』と言う言葉が持つ意味なんだ。

ここ数年…そしてその前は『電車男』を境にオタクの意味が変わった。

僕の知る、僕の使うオタクは電車男よりも前のオタクなんだ。そしてそれは現代においても変わらない。だから、げんしけんが、どんどんつまらなくなってしまうんだ。

つまりはだ…この物語はきっとその時代、その時代にあった、『オタク』『普通の人』『リア充』を描いた作品なんだ。きっと。根底が破綻していくのではなく、僕が付いていけないぐらい最先端の漫画だったわけなんだ。きっと…。違う気もするけど…。

僕の中でげんしけんが壊れ始めるのは『荻上千佳』が登場してからになる。

あまり、キャラクターの事を語るのは私の本分ではないのだが、僕はこの荻上千佳と言うキャラクターが心の底から嫌いである。その理由は、ニュータイプのオタクだからだ。僕は自身をげんしけんのメンバー(どのタイプのオタク)に似ているかと言うと多分『斑目』になると考える。

高坂のような天才型でもなく、田中のような努力で一芸に秀でるわけでもなく、久我山のように出来るけど引っ込み思案なタイプでもない。偉そうな発言をするが、自分の知っている知識だけを声高に叫び続けるオタクだ。本当は何も出来ないクズ中のクズである。

でもさ、おおよそ電車男以前のオタクの大半は斑目だったんじゃないかと思う。もちろんコミケを作り上げてきた前者のタイプもいたとは思うが、その比率は圧倒的に斑目だった気がする。

どっちにしろ、これらのタイプに分類されるオタクには共通点がある。それは自分自身がオタクである事を秘かなアイデンティティーとしていた事だ。その密やかなアイデンティティーはツーカーであり、共通の旗となり、関係を築き上げられた。

ところがだ…荻上にはそれが当てはまらない。そして、それに当てはまらない理由付けが過去回想にあるわけなのだが…あんなもん…以前のオタク達には誰だってあるよ。中学生になってアニメ見ているヤツに、発言権なんてモノはなかったからね…。ついでに言うとあの性格…。それまでリアリティーがあったげんしけんの中にいきなり異端児がぶち込まれて物語がファンタジーになってしまうのを感じた。

だけどもだ…この荻上みたいなのがきっと次世代のオタク達の台頭であり、そして波戸や吉武といった次世代のオタク達へと続いて行く始まりなのであろう。僕はそれにすら付いていけなかったわけだ。

自分自身の成長…世間の流れ…そして実際にオタサーで過ごした時間。『げんしけん』は僕にとっての間違いない青春だった。書きたいことは尽きないが、老害と言われそうなので口を閉じておこう。密やかに30代に差し掛かる連中と集まったときだけ嬉々として「あの頃は…」なんて話せば良いんだろう。

最後に何が言いたかったかと言うとだな…もう『げんしけん』はこの世界から必要なくなったんじゃないか?ってこと。

それだけ『オタク』『普通の人』『リア充』の壁はもう無くなってしまっているよ。

それが良い事なのか、悪い事なのか…今日もゲーセン行っていてつくづくわからなくなってきた。

『マインカンプ』読んだ事ないのでそのタイトルだけ引用させて貰うが、闘争なき日々に和睦は生まれないんじゃないのかねぇ~。

タグ: , , , , , , , , ,

目安箱

言いたい事が言える世の中でありたい。

*


内容をご確認の上、よろしければ投書ください。

なお特高に見張られているので、都合の悪い内容は『なかったこと』にされる恐れがあります。

目安箱