2016年11月16日

日常

日常

押しピン

最近10人近い人と関係が出来た。

その内5人の苗字が『タカハシ』さん。漢字や名前は色々だけど…。

僕以外の人はあだ名を付けたり、名前で呼んだりして区別をしているので特に困っていない。しかし、人見知りの僕にとっては名前で呼ぶなんて出来るわけがない。そんなわけで「あの…」「その…」だけで会話している。

以外とそれで何とかなったりする事に驚きつつ、人の優しさに感謝している。

思っているよりも人は優しいみたいです。

 

はてさて

引きこもりのニートですが、実は夢があったりする。

んで、その為に色々と尽力するのは以外と嫌いじゃない。

だけどもだ…それが叶うなんて全く持って思っていない。無理である事を全力で理解したうえでやっている。つまり趣味みたいなもん。

それって何かに似ていると思わないだろうか?

ゲームである。

『艦隊これくしょん』を命懸けでやっているような物なのである。

ゲームなんてどれだけやっても無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄

同じなんだよ。多分どっちも。

最近VRって物が流行っているそうだが、リアルに近づければ近づけるほど、故にリアルではなくなる。その衝撃で死んでしまう人間がいるのではないかと私は秘かに危惧している。

どうせ死ぬまでの無駄な暇つぶしをするのなら、それがゲームである必要はないんじゃなかろうか。

個人的には無理なゲームの方が燃える性質の人間だ。「絶対に無理」と言われると俄然やる気が出てくる。

例えばの話だが、ToHeart2で向坂雄二とのエロルートを開放するような物である。同様に、マッドギアと市長が和解するような物である。

実はそんなに深く考えていない。

「それで良いのではないか」と言い聞かせてみているが、うなされてまともに眠れないし、寝付けない。

月がとっても綺麗ですよ。

シルブプレ。

タグ: , ,

目安箱

言いたい事が言える世の中でありたい。

*


内容をご確認の上、よろしければ投書ください。

なお特高に見張られているので、都合の悪い内容は『なかったこと』にされる恐れがあります。

目安箱