押しピン

色々と思う所はあるが、とりあえず元気でいる事が一番な気がする。そんなわけで暫くは健康的な生活を送ろうと思う。

したい事や、やらなければいけない事は、沢山あるんだけど、結局元気じゃなければできないし、もう無理をする必要もないわけなので…。

そんなわけで取りあえず日が変わる前には寝る事を目標とします。

 

はてさて

マウスが壊れたのは5月末の話。ずっとロジを愛用している私にとってもはや”友”と呼んでも過言ではない症状『チャタリング』が起き出した。

オレさ…ここ10年で3回マウスを買い替えているんだけど、その期間に交換したマウスの数は6回。VX-R以外保証期間にチャタリングが起きなかった機種はない。そのVX-Rも最終的にはチャタリングで戦線離脱。M702に至っては保証期間に2度新品になったもんだ。

あまりにも酷いため、ロジ以外のメーカーにしようと何度も思ったが、どうしてもクリック感や機能的な問題で結局ロジになってしまう…。

今回はホントにロジと決別しようと思い、ゲーミングマウスとかも候補に入れて色々と探してはみたんだけど、見つからなかった。

っと言うかだな…マウスが売っていないのよ。BUFFALOやELECOMのゴミみたいな価格帯のゴミみたいなマウスは売っていても、それ以外がないのよ。県内に二つあるパソコン専門店は、パソコン専門店なのに自作パーツより中古スマホとタブレットを多数扱い、昔相性問題でお世話になったサポート窓口は、老人のスマホ相談窓口になっている。

…時代の流れ…ってわけなんだろうな。挙句パソコンのデバイスもタッチパネルやトラックパッドが進化しマウスを使う人間なんてもう少数派のマイノリティなわけだ。

実際オレも音楽製作を再開したから、買い換えを行ったが、それ以外の用途の場合はチャタリングしまくるオンボロマウスでも最悪問題なかったもん。お金があったらミキサー買って終わりだった。

何かさ…悲しくなって来る現実ってわけだ。

そんなわけでもうオレに残された選択はMX2000かMX1500のどちらかだけだった。幸い6月にどちらもマイナーチェンジがあり、型落ちが安く手に入る。

手の小さいオレにはどう考えてもMX1500が最高の選択である事は明白だった。しかし、オレが選んだのは写真の通りMX2000である。

その理由が何かと言うと、それは『白色』があったから。

今さらであるが、僕は中二病患者である。中二病と言うと『黒色』と『シースルー』と『青色LED』が三種の神器である。

ご多分に漏れずオレも昔は手持ちの全てをそれらで揃えていた。しかし…ある時気づいてしまった。「皆黒色でシースルーで青色LEDだから、オレはその逆を極めてやろう。」と。実に中二病的発想である。それからオレは手持ちの全てを白色にしてしまった。

そしてMX2000の導入を持ってオレのパソコン周りの全てが白く染まった。ちなみにだが一部アップル製品を使っているが、希少種の自作ユーザーですので。

いや…白って良いよ。だって血の赤が映えるからね。黒に血が付いても目立たないし、やがて血は黒くなるから。

白を赤く、黒く染めるのが快感なんだよ。

…そんなわけで中二病患者には、白をお勧めする。何にも染まらない黒を主張するのは悪くない。しかし、何にでも染まれる白を主張するのはもっとカッコいいとおっさんは思うぞ。何にでも染まれるのに染まらない男はカッコいいぞ。

まぁ…なんだ…意味のわからない事とアホな事が好きなんです。

タグ: , , , ,

目安箱

言いたい事が言える世の中でありたい。

*


内容をご確認の上、よろしければ投書ください。

なお特高に見張られているので、都合の悪い内容は『なかったこと』にされる恐れがあります。

目安箱