押しピン

新型コロナウイルスとか言うのが流行っている。

これに対する対応を見ていて不思議に思うことが多々ある。

うん…そこまで恐れる事かね?

何というかな…『感染=死』とかだとこれぐらい騒ぐのも頷けるのだが、基本的にはレベルを上げて物理で殴ればなんとかなる病原体みたい。早い話が風邪と同じと考えて相違ないんじゃないかと思う。

オレなんてこれになったら公休扱いで仕事休みになるんだから率先して感染して病原菌をまき散らしたい心境である。

それなのにマスクを買い漁り(しかも公式見解でそれに対する防御力がない事が判明している)、マスクをしない人間を非国民と罵る人々がいる。

面白い事にこのウイルス自体がアンブレラ社よろしくの陰謀論まで取りざたされているそうだが、実際問題なんとなく何らかのプロパガンダなんじゃないかと感じてしまう。

もちろんマスゴミはそう言った面白い情報とそれに踊らされる面白い人ばかりをフィーチャーし、小さな世界を大きな世界のように取り扱っているのは間違いない。

そこで考えるこのウイルスの本当の目的とは?

キバヤシ先生教えてください、

 

はてさて

割とマジで心の底から仕事を辞めようかと考えだした。

何かさ…パトラッシュ。僕はもう疲れたよ。

いやさ、今の仕事は本当に楽しい。だけど、それに携わる人間(客)たちをチェーンソーで細切れにしたくてたまらないんだ。

よくわからないんだけど…人間っていつからこんなにどうしようもない人達ばかりになったんだろう?

同業者たちが皆、口をそろえて言う「インターネットの闇」と。

インターネットが人々に与えた最大の罪が知識だけの肥大化だと思う。

僕は此処で何度も書いている事であるのだが、ネット上でよく見る言葉に「誰でもできる」「簡単」「基本」「節約」「裏技」とかの文字。それは大きな誤りである。いや…誤りではないのだが、そこに至るまでの初期値が無視されている。

例えばの話をしよう。

コレは実際に僕自身がかつて遭遇した場面である。

僕はその日、ネットの記事を見て車のオイルエレメントを自分で交換していた。記事には「道具さえあれば誰でもできる」「これで車の維持費を節約」なんてうまい事を山のように書き綴られていた。僕はその言葉をまんまと信じて作業していたのだが一向に作業は進行しなかった。

いやね…エレメントが外れなかったのよ。ネットでは「フィルターレンチを使って外します」と一行だけ書かれた工程が僕にはできなかった。結局お世話になっている知人を召喚し助けてもらったのだが、知人は僕が半日かけてできなかった作業を同じ道具を使い1分かからず完了させた。

その光景だけを見たら「道具さえあれば誰でもできる」「これで車の維持費を節約」の文面に間違いはない。だけどそれは「車屋で仕事をしていた、機械整備の経験者」にとってはだ。僕みたいな引きこもりのニートがネットを読んで実行したところで出来るわけがない。

さらに厄介なのが、その1分で完了した作業に対しての過程が全てなかった事になり、その1分が全てになってしまっている事だ。

考えてほしい。たった1分の作業に1万円のお金を請求されたら疑問を覚えるかもしれない。しかし、実際にはその1分に到達するまでの時間を考えれば1万円は妥当な金額なのだ。

お金は安くしろ。ただし完成度は人間国宝レベル。そんな事出来るわけがないだろう…。

さらにもう一つの弊害が『仕事』と『趣味』の違いだ。

オレさ…趣味なら命をかけられる。でも仕事に命はかけられない。

ネットって趣味の名目でとてつもないプロ顔負けの物を作るすごい人がフィーチャーされ、プロなんだからとそれと同等の物を求められるが、そんな事出来るわけがない。

考えてほしい。趣味の為なら自腹を切れるが、仕事の為に自腹を切れますか?趣味の為なら徹夜できますが、仕事で徹夜できますか?

仕事は生きるための手段。それ以上でもそれ以下でもないんだよ。残念ながら。

もちろんそれが同一線上に重なる人も少なからずいるだろう。ただし、それをあまねくすべての人と思ってわいけない。絶対的に少数派。趣味には本気になれても、仕事で本気になれるわけがないのです。

はぁ…。

もうさ、仕事が嫌とかじゃなく人間が嫌になる。人間が嫌になっている。全員死ねばいい。

ただね…たまにすごく優しい人がいる。そういう人の為にだったら…仕事じゃなく、趣味として一生のサポートをしてあげたいと心の底から思うことがある。

タグ: , , , , , , , ,

目安箱

言いたい事が言える世の中でありたい。

*


内容をご確認の上、よろしければ投書ください。

なお特高に見張られているので、都合の悪い内容は『なかったこと』にされる恐れがあります。

目安箱