押しピン

最近お酒が怖くて仕方がない。

酒を飲むことで見えてくるその人の真実の姿が恐ろしすぎる。

何というか…その…みんな無理しすぎだよ。

酒に弱いって事は、最終的には人生に弱い。人として終わっているのよ。

この日になると毎年思う。そして飲み仲間がまた一人いなくなりました。

無茶な飲み方をする人間は絶対に何か問題がある。その問題が何とかならない限りお酒はやめられない。だけど何とかならない問題だからこそ、酒の量は日ごと日増しに増えていく。

きついな。つらいな。

なんでオレだけまだここにいるんだい?

報われてくれよ。頑張り続けた者たち。

 

はてさて

命日。ってわけで、ちょっと昔の写真を見ていた。

オレさ…写真が大嫌い。と言うか、形ある物が嫌い。

唯物論者であり、何よりも形ある物に価値を求めるからこそ、偽りや刹那的な物を形として残したくない。本当に大切な恒久的な物こそが形を留め、それ以外はなあなあで良いんだよ。

そんなわけで、写真も基本的に持ち合わせていない。だけど、その考えを世界に押し付けるつもりもないので、両親や親族なんかが撮った写真がたまに目が入ることがある。大好きだからこそ否定しているわけで、根本的に思い出だけで生きている私にとってそれはとてもとても感慨深く、じっくり見入ってしまった。

何というか…皆いなくなってしまった。

死んだ者。旅立った者。消息不明になった者。意図的に縁を切った者。色々あるが、とにかく誰もいない。

10年前から変わらず存在している人は数えるばかり。みんな…みんな…いなくなった。

夢を語りあった。毎日一緒に遊んだ。恋愛や家族、仕事についてもお互い何度も相談しあった。

オレだけだったのかもしれないが、この関係はずっとずっと続いていくものだと確信していた。それがどうだい…今では僕だけが此処にいる。

原因が何なのかわからない。

僕自身あの頃とは大きく変わってしまったし、みんなはみんなで変わってしまった。かろうじで繋がっていた部分が切り離されて、それぞれがそれぞれの道を歩みだした。きっとそれだけ。何一つ悪くない世界。綺麗だ。

ただね………僕は約束を守らない人間だけはどうにもこうにも許せられない。

どこぞのアイドルの引退宣言じゃないけど、オレの事は嫌いになってくれて構わない。だけど口にした言葉だけは守り通してよ。世界で一番のゴミ糞虫であるオレが、必死で世界を保っているのに、もっとできる優秀な人達が反故にしている様を見るのが我慢できない。

寂しいよ。

本当はわかっている。わかっているけど僕にはそれができない。

どこまで行ってもいつまでたっても世界で一番のゴミ糞虫はゴミ糞虫でしかない。

はぁ…。

先日子供に「どうして生きているの?」と言われました。

子供は鋭いです。

タグ: , ,

目安箱

言いたい事が言える世の中でありたい。

*


内容をご確認の上、よろしければ投書ください。

なお特高に見張られているので、都合の悪い内容は『なかったこと』にされる恐れがあります。

目安箱