押しピン

…wordpressをアップデートして、コレからサイトを新しくするぞ!!って思ったあの日からもう一ヶ月が経過していました。

この新しい投稿画面が死ぬほど使いづらくコレで果たして投稿されているのか?と本気で心配になってくるのに、トップ画面に踊る更新の文字。ネット業界の速さについていけず…怖すぎます。

それでもまぁ…おいおい時間を見つけつつ色んなことをして行きたいとは思ってはいます。いやほんとに…。それが出来る日がいつなのか…なにより本当にその日が来るのか…とても不安で夜も眠れないんだけど。

しかしね…人生ってのは不思議だ。

このブログ。そしてこの前のブログ。書いていた当時のオレは未来をどう予想していたのか?時間が出来たら探してみようと思う。もしそれと今が合致していたのなら、オレの人生悪くなかったのかもしれないが、まず合致しないだろう。

遥か昔…2ちゃんねると言うものがありました。mixiと言うものがありました。ワクワクメール。ハッピーメールってのもやってました。大好きだった人達は皆消えていきました。それはもちろん本当の意味で消えた人もいるし、ネットの世界…僕と言う人間…仮初のアカウントから消えただけだったのかもしれませんが、僕の前から姿を消しました。

どちらにしても当時とても悲しかった事を今でもはっきり覚えている。

また一人…いなくなったと。

そして今…時代が流れ僕が消えていく側にいる。

残された側に与えるのは悲しみかもしれないが、出ていく側の心持ちは案外悪くないのかもしれない。その感覚は自死と少なからず似ているのではないのか?と思っている。

こんな内容を書くともう怒られる立場にいるのだが、それが私である。それが僕の表現だと思っている。

今も昔も黒歴史は残していくスタイル。

今伝えていきたい事は、人生は一本の線であると言うこと。点ではなく線である事。当たり前の事なんだけど人は不思議とその線を消してしまいがちになる。だってみっともなくて恥ずかしいもんね。その心持ちはわかる。だけど、それを隠してしまった結果オレみたいな人間が産まれた。

都合の良い過去を抹殺し、都合の悪い過去だけが残る世界こそ未来への遺産なのではなかろうか?

っと、今日もまた黒歴史を綴る。

…人は変わらないよ。どんな立場になっても。

だからさ…安心しな。

それは思い描いた未来と全く違うと思う。前世でどんなひどい事をしてきたのかと絶望すると思う。だけど…それでも未来は続いたから。

もちろんさ…そんな未来に価値はないと拒絶する権利をオレは大いに認めようと思う。そうさせたのもまた自分自身のふがいなさだから。仕方ないよ。恨んでくれ。

まぁ…頑張れよ。頑張らない程度に。一緒にな。どっちが先に諦めるのやら。

タグ: , , , , , , ,

押しピン

白い巨塔を観ていた。

うん…やっぱり面白い。ほとんどドラマ観た事ないんで、さっぱりだけど。何となく言い切れる気がする。ちなみに唐沢寿明の五郎ちゃんね。

以前この作品を観た時…僕はまだニートだった。2~3日で全話観れたんだけど、今回は色々あって1週間くらいはかかってしまった。

何というかね…やっぱり見方が変わる。前はさ…江口洋介に憧れていたんだけど、今では里見先生が嫌いで嫌いで。

面白い作品の基準ってのは難しいと思うが、その中の一つに見方の多様性だと思う。視点が変わる事によって物語の面白さが変わる作品ってのは好きだな~。

これからはまた色んな作品見ていきたいな。

続きを読む

押しピン

ログインIDを覚えていた事に自分自身が最も驚いていたりする。

いやはや…皆々様お久しぶりです。もっとも今も昔も読んでくれている人がいるのかいないのか…?そんな事はどうでも良い。

ただ…私は帰ってきた。この場所に。色々な紆余曲折の果てに。

今はもう何があったのか…正直よく覚えていない。ひたすらに泣いて…泣いて…泣いて…。気づいたら半年ぐらいしかたっていなかった。

半年?半年?そんな馬鹿な…。それだけしか経っていないのか…?体感で10年ぐらい老けた気がするのに…。

それについてつらつらと書いていっても良いのだが、何となくコレからはこの日々で学んだ事を少しずつ吐き出していこうと思う。

ぶつ切りだったこの人生。

繕いだらけのこの人生。

幸せか?幸福か?伝道できるのか?そう問い詰められると答えは出ない。

ただね…オレは幸せだったよ。

ありがとうと全ての関係者に届けたい。

悲しい事は…もうその言葉が届かないモノ達があまりに多すぎること。

沢山のモノを失い、今こうして私は此処にいる。私なんかが此処にいる事が恐ろしく、後悔しかない。もっともっともっと此処にいるべき人達がいたはずだったのにだ。

最近思う事がただ一つ。

在りし日のヤンマガの最終ページに書かれていた広告。怪しい数珠の広告。

「私はこうしてBIGになったその方法を教えよう」的な文面が乗っていた。

あの広告は世界の心理だったと。

押しピン

おはようございます。

ただ今AM4時。空が白んでくる前でございます。

昨晩はお酒を嗜み早々に寝てしまったためにこの様な時間に目が覚めてしまったのも事実ですが、いくつになっても遠足が楽しみで夜眠れない性分も影響していると思います。

昨年はコロナの影響でライフワークがなくなり、久しぶりの祭りごとにどうしても騒ぐ心があると言ったところでしょうか…

自分の事ながらよくわかりませぬ…。

とまぁ…早起きは三文の徳と言うことで、三文程度なら寝た方が良い気も多々しますが、つらつらと結婚前夜の思い出も綴ってみましょうか…。

はてさて

そもそも私の結婚前夜は知人達にたかられ終わってしまいました。予算を考えず豪華なコース(しかもアレルギーで僕食べれないし…)を選んだバカと、値段を見ずにバカスカ注文したバカと、さも当たり前のように同席していたバカ達に。

そしてその内の2人とは後多分にも漏れず数日前にも朝チュン聞くまでバカ騒ぎやっていたし…いやはや…。

思えば人生の転機。そんな時には結局いつもアホな事をやっていた気がしてくる。それは少なからず抑えられない緊張故の行為でもあるのだが、僕は多分そこまで考えていない。

本当にバカをやりたいだけなんだきっと。

でもね…そのバカに付き合ってくれる人がいる事が僕はこの人生全てにおいてかけがえのない存在だと思っている。

昨晩も何のおもてなしもできない我が家に人が集い、何のおもてなしもできない僕のために沢山の好意をいただいた。誰よりも先に酔っ払ってパンイチでヘソ天している僕にだ。

もうね感謝以外の言葉が見つからない。

人並みに生きてきた。色々あった。ただ今…思う事はこの人生は悪くないってこと。むしろ出来過ぎだと思う。それが怖い。

何もないのは平気。何かあるのは恐怖だ。

その恐怖に名前をつけるのならそれはきっと責任なんだろう。

重みと言う幸せの代償を抱えつつ、今日を過ごし、明日を超えていく。

それでも変わらずにバカ騒ぎは続けていきたいと思う。

これからも変わらぬお付き合いを…なんて夢物語を願いながら。

さて…夜が開けた

タグ: , , , , ,

2021年4月26日

日常

日常

押しピン

色んな人と話すと誰もがその人なりの生き方(価値観)をもっている。

多分に漏れず僕もその一人。

コレがまぁ…面白いぐらいに千差万別。殴り飛ばしたくなるほどムカつく半面、なるほど…と考えさせられる場面もあって面白いような面白くないような…。

ふと考える。

僕自身の価値観はどうやって育まれてきたのかと…。

先生は言った「追いつめられた経験こそが人の価値観」と。

しかし残念ながら、僕は裕福な家庭に産まれ温室の中でぬくぬくと育てられた人間。正直なところ追いつめられた経験など皆無。僕の人生の12割はチンチンしこしこしながら、射精する事しか考えてこなかった。どこをどうやってほじくり返しても、殴り飛ばされても文句言えないイージーな人生だった。

昔はこれでも自分の事をヒロイックに考えて自傷行為に励んでいたが、それが論より証拠。イージーな証明だったと今では脇汗ダラダラ。お恥ずかしいです…。はい…。

今…目の前は真っ暗である。溜息が出ない日はありません。それでもやっぱり僕の人生はイージーでとてもとても恵まれた幸せその物だったと自負しております。

これから先…考えただけでも頭が痛くなって逃げ出したいのですが、その程度で投げ出すとご先祖様にポアされそうなので、弱音をたまにしか吐かずに頑張っていこうと思います。頑張っていこうと思います。頑張っていこうと思います…。僕が頑張ればきっと何とかなるはずだから。

続きを読む

タグ: , , , , ,

2021年4月21日

社会

社会

押しピン

えぇ…お久しぶりです。

色々と目まぐるしい日々に忙殺されながらも何だかかんだか生きています。

夜な夜なサメ映画を観続けるだけの日々。身に付いた知識はホオジロザメはこの世界に存在しないって事だけ。

全力で時間と健康を棒に振り…自害したい今日この頃。

もうね…本当にどうすればいいのかわからず胃が痛い。

自分望む自分と誰かが望む自分の乖離と交わらない世界と世界の狭間。

声を大にして叫びたい。「こんな筈ではなかった…」と。

まぁ………………それも含めていつもの事でしかないんだけどね…僕の場合は。

生きていく事は簡単でその上でどうやって生きていくかを考えてきた。それだけが心の支えだった。だけどそれは独りよがりの至極シンプルで簡単な世界でしかなかった。

世界の複雑さとある意味それでも回る世界の懐の深さに脱帽しつつ、それでもブレずに生きていこうと思います。

命尽きるその瞬間まで。後悔はない…。

続きを読む

タグ: , , , , , ,

押しピン

ブログを書くって…決めた日から幾星霜。

その間に星の数ほどの思いが浮かんでは消えて浮かんでは消えてしまった。

思いは生ものだと思う。創作に携わった人間なら絶対に経験したことがあるはずだ。徹夜で書き上げた最高傑作が、一眠りして読んでみると一ミクロンも面白くなく、そっと引き出しの中にしまった経験が。そしてその逆も。

自分の思いを吐き出せない日々。それをもったいないと思うし、悔しくもある。

だけどこの毎日もきっと未来に続いている。そんな過去を今日掘り当てた。

プロの釣り師を目指していた僕も、漫画家を目指していた僕も、そしてよくわからない今の僕も、全く違う方向を向いているが、その思想や思考は何一つ変わっていない。

挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折した挫折したなんて思っていたが、どうやら僕は何一つ挫折してないみたいだ。

変わらないよ。今日も明日も8年前も5年後も。ずっと挫折し続けるよ。

つくづく自分の愚かさと馬鹿さ加減を目撃し、奇しくも笑いながら泣いてしまった。

その様子を見た母がほほ笑んでいた。あの野郎…全てが計算ずくだったと言う事か…。

まだ…勝てないよな…。きっと死ぬまで。

続きを読む

タグ: , , , , , , ,

押しピン

少しづつ日常が返ってきている感覚がある。

しかし、それはすれ違いの始まり。僕はどう考えても誰かと生きる事が出来ない人間のようだ。

誰かと何かを分かち合うよりも、自分一人で遥かな高みを観測する。思えば人生の全てがそれだった。

これでさ…本当に遥かな高みにたどり着いているのなら人生の意味も少しはわかるのかもしれないが、等しくそうでない。それどころか独りよがりが過ぎて結局同じ路線においても誰かと何かを分かち合い続けた人間にダブルスコアをつけられている現実。

ヤレヤレだよ。

でもね…多分それが僕なんだ。

これまでがそうだったんだ。これからがそうでないわけがない。

それがわかったからなんだろうな…僕は正論を突き付ける人間がどうも好きじゃない。

明日世界が終わります。何をする?

とりあえず納豆でもかき混ぜるか。

続きを読む

タグ: , , , , , , ,

押しピン

年末知人と話している時にここ数年で一番と言っていいほどの共感を覚えた。

「ゲームが出来なくなった…」

うん…。まさしくその通りなんだよね。言ってしまえば同じことである。こうやって誰も読まない文を書き綴る事も、やり終わったドラクエのレベル上げをし続ける事も。

しかし、前者はできて…後者はできない。

在りし日に思った。「どうして大人はゲームをしなくなるのだろう?」と。

その結果にはたどり着いたものの、その答えは未だわからない。

ただね、間違いない事があるのはわかった。

酒を飲んで騒いだり、にゃんにゃんするために大枚をはたいたり、こうやって文を綴るように大人になってもとてつもない無駄な時間を結局過ごしている現実。

大人って何なんだろう?

続きを読む

タグ: , , , , , ,

2021年1月26日

日常

日常

押しピン

……1人になると恐怖が押し寄せてくる。

その恐怖に名前を付けるとすると『自由』になる。

自分の人生とは自分の為にある。しかし、人間悲しいかな自分で自分を幸せにする事叶わず。なぜならこの世界のあまねく全てが相対評価の元に生まれているから。

世界が孤なら、何も存在しないのです。愛も戦争も宗教も。

それは安らぎであり、永遠の渇望でもある。

「おしまい」と誰かが告げる。

それは在りし日…母が僕を寝かしつける時に聞いた言葉。

不満たらたらだったけど、それは何よりも安心できる魔法の言葉だったのかも知れないと感じる。

続きを読む

タグ: , , , , , , , , ,